漢方薬は西洋医学的な薬品ではないため、保険適用になるものとならないものがあります。
保険適用になるものは、医師が医療用医薬品として処方するものであり、保険が適用になれば3割の自己負担で済みますから、それほど高額にはなりません。
しかし、保険が適用にならない場合、自費診療(自由診療)となり、その場合は処方により高額になることもあります。


癌の漢方薬の種類

そもそも漢方薬には、エキス剤と煎じ薬の二種類があります。
薬局などでよく売られている顆粒状のものがエキス剤、お茶のようにエキスを煮出して液体のまま飲むのが煎じ薬です。
また、極稀に丸薬にしているところもあるようです。

エキス剤、煎じ薬のどちらも保険適用になるものとそうでないものがあります。
また、エキス剤よりも煎じ薬の方がより効果効能がそのまま残り、かつ病状に合わせて生薬の配合を変えるオーダーメイドに近い形になるため、やや高額になることが多いようです。
また、煎じ薬の方が保険適用外になることが多いようです。


漢方薬の価格が決まる基準

漢方薬は西洋医学的な医薬品ではないため、個々の患者によって効き方が違うことがよくあります。
ですので、効能が高いから価格が高い、ということではないのです。

漢方薬の価格は、ひとえに材料である薬草や鉱物・動物の希少さや栽培・採集にかかる人件費によって決まります。
原材料がそもそも希少であったり、栽培・採取しにくいものであれば高額になりますから、こと漢方薬に関しては、高ければ良いというわけではありません。
個々の病状や体調、体質に合ったものをよく医師や薬剤師と相談の上、適切な処方を受けるのが良いでしょう。


保険適用の癌の漢方薬

がん治療に用いられる漢方薬のうち、保険適用になるものの一例を挙げますと、四君子湯、六君子湯、黄耆建中湯、十全大補湯、補中益気湯、人参養栄湯などがあります。
十全大補湯、補中益気湯、人参養栄湯などは、補益剤と呼ばれており、免疫機能を高め、がん細胞の転移を防ぐという、いわば補助的な役割をする漢方となります。

しかし、例えばこのうち十全大補湯はすい臓がんの患者に処方すると、免疫機能を高めてくれると共に、がんの進行を抑えてくれるという実験結果も出ています。
このように保険適用内の漢方薬でもQOLを高めるだけでなく、医学的ながんの増殖抑制・免疫賦活化作用があるとされるものもあります。
その一方で、全てのがんに適応できるとされている天仙液などは、保険適用外の漢方となります。
保険適用かどうか、また漢方の治療をしているのかは各病院によって異なりますので、事前に問い合わせてみるのが良いでしょう。

詳しくは以下をご覧下さい
↓↓ ↓↓
癌 漢方

インフルエンザウイルスにやられることで、発生する病気がインフルエンザであります。
頭痛とか関節痛、40度にも迫る熱など、諸々の症状が前触れなく出てくるのです。
パーキンソン病に罹った時に多く見られるのが、手足の震えになります。
また、歩行困難とか発声障害などが見られることもあると言われます。
少子高齢化の為に、今でも介護の職に就く人が十分でない日本におきまして、この後輪をかけてパーキンソン病患者が多くなっていくというのは、危機的な案件になると言って間違いありません。
以前はアトピー性皮膚炎は、子供たちに起こる疾病だと思われていたようですが、最近では、20歳オーバーの人でもたまに見かけます。
適切な治療とスキンケアに勤しんだら、治せる病気だと聞いています。
糖尿病と言えば、インスリンの分泌がほとんどない「1型糖尿病」も存在するのです。
こっちの方は自己免疫疾患だと規定されていて、遺伝的素因が相当の確率で影響を及ぼしています。

色んな人が、疲れ目を筆頭にした目のトラブルに陥っているようです。
困ったことにスマホなどが原因となって、この傾向が輪をかけて強くなってきたのです。
自律神経失調症と申しますのは、小さい時から多感で、ナーバスになりがちな人が冒されやすい病気だと言われています。
繊細で、何でもない事でも気にしたりするタイプばかりだそうです。
それぞれに相応しい薬を、担当医が提供すべき量と期間を熟慮して処方することになるわけです。
何も考えず、服用する量を少なくしたりストップしたりすることはせずに、全部飲み切ることが絶対必要です。
一緒としか思えない咳だったにしろ、眠りに入っている最中に頻繁に咳が出る人、運動したら大抵不意に咳に見舞われる人、冬の間寒いところに出ると咳がしょっちゅう出るという人は、命にも関係する病気である可能性が高いです。
胃がんができた場合は、みぞおち近辺に鈍痛が走ることが多いと言われます。
おおよそがんは、発症したばかりの時は症状を見極められないことが一般的なので、異常に気付けない人が大勢いるというわけです。

筋肉が過緊張を起こしたり頭部の血管が拡張されるようなことがありますと、頭痛がもたらされるようです。
更には気持ちの面での安寧状態、生活環境なども影響して頭痛に繋がることが多いですね。
薬剤そのものは、病気により出た熱を下げたり、その原因を除去することで、自然治癒力を活性化させます。
加えて、病気の予防などのために配られることもあるそうです。
動脈は年齢を重ねるごとに老化し、ジリジリと弾力性が失われ、硬くなってしまうというのが一般的です。
結局のところ、動脈硬化は老化現象だと想定されるのですが、その実情は個人毎でまったく違います。
実際のところ思いの外熟知されていないのですが、ぜんそくが怖いのは、生命が失われる危険性のある疾病であることがはっきりしているからです。
一年のいう期間で、およそ2000人の罹患者が、ぜんそくの発作で最期の時を迎えていると聞きます。
動物性脂肪を口に入れることが多く、血管の壁に脂肪が蓄積されてしまう状況が起きて、時間をかけて血管の内径が細くなり、脳梗塞に陥るという流れがほとんどだと教えられました。

関連記事

    None Found